将来は経営者に。未経験から裸一貫でArinosに入社

YU TAGUCHI

マネージャー田口 雄

なぜArinosに入社したのか

もともと、「将来は実家が長野県で経営している宿泊業を継ぎ、更に自分で何か新しい事業がしたい!」という目標があり、それを実現するために、「経営者になるならコンサルティング会社で働くと良い」みたいな浅はかな考えのもと、コンサルティング業界に入りたいと考えていました。しかし、正直コンサルティング業界の中でも「どんな会社で働きたい」という部分はあまり考えられておりませんでした。

そんな中で、Arinosという会社に出会い、「コンサルティングだけやるのではなく、そのナレッジを活かして、自社でどんどん新しい事業を創出していく」という経営方針を知り、非常に興味を持ちました。
Arinosならコンサルタントとしての経験も積めて、自社の事業つくっていくこと、推進していくことに挑戦できる環境もあることを知り、その魅力に心を動かされ、当時就職活動を始めたばかりでしたが、「ここに入社したい!」と思い、就職活動もやめ、すぐに入社を決意しました。

いまどんなことをしている?

そんなこんなで、無事にArinosに入社した私ですが、入社後4年が経とうとしているいま、コンサルティング事業部ではマネージャーとして、他のメンバーのマネージメントをしながら働いております。また、入社3年目に子会社を立ち上げ、動画サービスの新規事業を展開しております。なので、一言でいうとコンサルタントとして働きながら、新規事業を進めているという状況です。
もちろん、楽ではないです。それでも入社前に思い描いていた働き方が実現できており、非常に充実した働き方ができていると感じています。

Arinosに入社して感じたこととして、私がマネージャーとして働いていることや、新規事業領域を任せていただいていること含め、本当に多くのチャンスがつかむことがきる会社だということです。正直、私はスキル面では決して高いとは言えないと思っています。ただ、積極的な姿勢や、発信に対して、「できそう」とか「できなさそう」などの前に、「まずやらせてみよう」という会社です。「チャレンジしたい」とか、「これをやりたい」という強い意志を持った人にとって、素晴らしい環境がそろっていると思います。

入社3年目に子会社の代表に
動画事業を運営中

未経験からコンサルタントになる上で苦労したこと

新卒社員としてArinosに入社してからは、とにかく「わからない」の連続でした。
もはや、自分でも何がわからないのかもわからないという状況で、「理解する」という部分でたくさん苦労しましたが、1番は「考える力」が圧倒的に足りていなかったと思います。

例えば、何か自分が導き出した答えに対して、「なぜそうしたのか?」と問われたときに、明確な理由が持てていなかったり、「こういう方法もあると思うけど考えた?」と聞かれても、全く検討できていなかったりと、いわゆる思考に対する深みと幅が全くない状態でした。
それまで、「なんとなく」とか「多分こうだろう」と自分できちんと考えることが全くできていなかったのだと、このとき痛感しました。

もちろんこれは、コンサルタントだから必要ということではなく、どんな仕事をするにしても必要なことではあると思います。ただ、第3者として課題に対し、改善案を提案し、実行していくコンサルタントにとって、このスキルは非常に重要であり、思考に対しての幅や深み、スピードなど求められるレベルはとても高いと思います。

そのため、入社直後は上司に時間を割いていただき、毎朝ロジカルシンキングのトレーニングをしていたことをよく覚えています。そんな甲斐もあってか、少しはあの頃に比べて「考える力」は身についたのかと思います。

これからMGRとして若手に教えていきたいこと

いま考えても、入社当初の私は本当にポンコツだったなと思います。なんなら、ここ最近の新卒社員をみて、「本当に優秀だな」と感心しています。正直な話、過去の新卒入社の社員の中で、自分が一番ポンコツな自身があります。(謙遜とかではなく本音です)

では、なぜ自分が成長できたのか、微量ながらも会社に貢献できるようになったのかを考えると、「やり続けたから」に限ると思います。

何事にも言えることですが、続けていれば少しずつでも必ず成長します。
「そんなの当たり前じゃん」って思う方もいるかもしれませんが、この「続けること」ができない方はたくさんいるかと思います。今後Arinosを支えてくださる若手メンバーには、コンサルタントとしてのスキルはもちろんですが、まずはベースとして「やり続けられる人間」になってほしいです。

「やり続ける」ための方法は人によっても様々あるかと思います。そんな中でも私としては「目的・目標」をきちんと持つことが大切だと思っています。
辛いときに、「なぜこんなに辛い思いをしているのだろう」とか考えてしまいがちですが、私自身もそうであったようにきちんとした目的や目標があったからこそ、「そのために頑張っているんだ」とか「少しずつその目標に近づいている」といことを実感し、続けてこれました。
ちなみにこれってPJTを進めるときも同じで、きちんとした目的や目標を設定することが、ぶれずにPJTを進めていくポイントだったりもします。
なので、人生においても仕事においても、まずはきちんと「目標・目的」を設定すること。
そういう部分をサポートできればと思っております。
また、メンバー全員が各々で明確な目標を持ち、日々積極的に働いているような会社になってほしいと思っています。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー